当院の特徴

院長 星長 啓介の写真

千葉市花見川区をはじめ、近隣地域のお子様からお年を召された方々、全てのライフステージの方にご受診いただける耳鼻咽喉科クリニックです

今まで治療を続けてもなかなか改善されない鼻づまりや鼻水でお困りの方など、一度ご相談下さい。

特に耳鼻咽喉科全般のなかでも花粉症(アレルギー性鼻炎)や副鼻腔炎、中耳炎の治療については多くの臨床経験があります。日帰り手術の実績については、当院の手術実績をお読みください。

ほしなが耳鼻咽喉科のコンセプト

Features.1 鼻の診療20年以上の専門医による信頼のおける診療の提供いたします

日本耳鼻咽喉科学会認定 専門医、身体障害者福祉法(第15条)指定医などの資格有し、豊富な臨床経験を持つドクター(※)が、患者様ご本人を含め、そのご家族やお付添の方々全てにご納得いただき、安心して治療を受けていただける、そんな地域のホームドクターを目指しております。

※当院の医師について

特に院長・副院長は鼻の診療一筋20年以上と実績と臨床経験があります。
院長・副院長、医師の経歴をもっとお知りになられたい方は、以下をお読みください。

Features.2 小児科耳鼻咽喉科疾患の取り組んでいます

小児の鼓膜チューブも局所麻酔で日帰り手術が可能です。(手術は約10分ほどです)

小児専用の器具取り揃え「痛くない」「こわくない」治療を行っております。
また、きちんと検査して、投薬と通院が最小限になるように心がけております。なかなか治りづらい滲出性中耳炎や、最近増加傾向にある小児のアレルギー性鼻炎、小児では見逃されやすい副鼻腔炎、アデノイド増殖症によるいびき、睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの診断と治療に積極的に取り組んでいます。

Features.3 どなたでも気軽にお越し頂けるクリニックを目指します

当院は、清潔で温かみのある色調の内装と、ゆったりとした待合室を設け、治療前の不安や恐怖といった患者様のストレスをできるだけ軽減し、安心して治療を受けて頂けるよう心がけております。
また、診察室も無機質にならない様に、観葉植物やデザイナーズチェアなど置き患者様がリラックス出来る様に努めております。
その他、車椅子やベビーカーでご来院の方もご安心下さい。
エレベーターから入口、院内は隅々まで段差のないバリアフリー設計としております。
また、小さなお子様のために専用のキッズスペースもご用意致しております。
尚、当院の診療は全て保険適用(インフルエンザ予防接種除く)となります。

ほしなが耳鼻咽喉科院内の写真
ほしなが耳鼻咽喉科院内の写真
ほしなが耳鼻咽喉科院内の写真

Features.4 患者様やお付添の方々への配慮してまいります

耳鼻咽喉科は耳・鼻・のどといった構造的になかなかイメージがわかない場所の病気をあつかいます。
当院では、最新の画像システムや図・模型を用い、丁寧で納得のいく説明と的確な診療を心がけます。 また、耳鼻咽喉科というと「とにかく何回も通う!」というイメージがあるかと思いますが、患者様の負担を考え、出来るだけ通院回数を少なくすることや可能な範囲でのお薬の長期投薬を進めてまいります。

鼻の構造イラスト
画像システム

処方するお薬は必要最低限にし患者様へのご負担を減らす努力をしています!

病は薬だけで治るものではありませんが、適切な薬物療法は回復に大きく役立ちます。
処方する場合は、できるだけ少量の薬を使い、副作用も含めて服用時の注意などを十分に説明いたします。

Features.5 精密な検査をするため病院レベルの医療機器を導入しています

当院の低被曝コーンビームCTでは、360度、3Dによる立体画像診断にて精度の高い検査が可能です。
具体的に3D表示出来ますので、患者様に大変分かりやすくご説明することができます。

※ 下部の画像はCTによる実画像です。非常に小さい耳下骨を抽出することも可能です。

低被曝コーンビームCT
低被曝コーンビームCT
低被曝コーンビームCT

Features.6 目で見てわかる安心な耳鼻科治療をいたします

中耳炎、喉頭炎、咽頭炎、副鼻腔炎などの診断の際に耳鼻咽喉科用の電子内視鏡を使用しております。
鮮明で詳細な画像を実際に患者様にもご覧頂きながら、症状や治療のご説明をさせて頂きます。
また、画像ファイリングシステムも備えておりますので、過去の検査画像を瞬時に取り出し、比較・診断することが可能です。

軟性内視鏡ファイバー
画像ファイリングシステム

Features.7 希望する検査、治療法を患者様にてご選択頂けます

問診票の内容から、検査したい方、お薬だけ処方してほしい方、手術をご希望の方など患者様のニーズに最大限お応えできるように心がけております。

いびき・無呼吸の検査も可能です

近年話題となっている睡眠時の鼻詰まり、いびき、睡眠時の無呼吸症状など当院にて検査が可能です。(簡易スクリーニング検査) なお、検査にて重度と判断される場合は、より精密検査が可能な提携病院へのご紹介も行っております。

Features.8 院長こだわりの手術医療機器と低侵襲の鼻の日帰り手術をご提供いたします

耳・鼻・のどといった感覚器は非常に敏感な臓器です。
当院では強い痛みを伴うような無理な処置や治療をおこなわないよう細心の注意を払い診療をおこなっております。また、患者様に安心して受診いただけるよう病状や治療に関しても、丁寧にご説明いたします。ご心配なことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

得意とする治療

院長こだわりの手術医療機器

通常、診療所とされる医療機関では導入されていない、病院レベルの手術医療機器6点を導入し、手術環境を整えている事で超短時間(10分程度~)、超低侵襲手術、局所麻酔で痛みに配慮し、出血最小限の、オペを可能にすることを目指しています。

  1. 1.
    strikerフルハイビジョン内視鏡
  2. 2.
    メドトロニックipcデブリッダー
  3. 3.
    メドトロニックCTナビゲーション
  4. 4.
    elleman サージトロンメス
  5. 5.
    メドトロニックハイドロデブリッダー
  6. 6.
    さまざまな角度のデブリッダーを用意

患者様に配慮した低侵襲な診療体制

当院の日帰り手術は、以下の5つに注力し、患者様の身体への負担をできるだけ少なくすることを第一に考え、歯科治療と同じくらいの侵襲を目指しております。

  1. 1.
    なるべく解剖を壊さない手術
  2. 2.
    術野に吸引を五つ用意し充分に綺麗な視野を確保
  3. 3.
    内視鏡洗浄装置にて超拡大オペ視野
  4. 4.
    Three hand technique
  5. 5.
    上咽頭パッキングによる喉への垂れ込み防止

Features.9 待ち時間表示システムとWEB当日予約を導入しています

待ち時間表示システムを導入し、あと何番目か一目でわかります。また外出先からでもQRコードにてご自身の携帯電話からおおよその待ち時間がわかります。

待ち時間表示システム

WEB当日予約が可能です

再診の患者様向けに当日のオンライン予約も始めました。このメリットは、

  1. 1.
    予約がなくても自宅にいながら、順番取りできる
  2. 2.
    院内で待たなくていいので、院内での2次感染の予防になる
  3. 3.
    自分の順番が携帯で分かるので待ち時間を買い物や食事など好きな事をして過ごせる

以上のようなメリットがある事から今後もオンライン予約の時間を拡大予定です。

Features.10 電話再診の対応もしています

コロナウィルス感染症予防対策として、院内での3密を避ける為に、花粉症、耳鳴り、めまい、いつもの薬の継続など症状が安定している患者様には電話再診での処方を推奨しております。

当院の取り組みとして医療側は安定している患者様をお待たせすることなく処方でき、初診などしっかり検査が必要な方に時間をつくれます。
対面ではありませんが医師が電話で症状を確認し、処方できます。
コロナ禍での診療の方法として厚生労働省からも電話再診など遠隔診療は推奨されております。

電話再診のメリット

様々なメリットがあることから是非電話再診をご利用ください。

  1. 1.
    対面診察より待ち時間がほとんどありません。
  2. 2.
    対面の診療より保険診療の費用が安い(概算で3割負担の方で自己負担が150円程度安くなります)
  3. 3.
    予約が要りません。
  4. 4.
    診察時間内であれば受付終了後も電話再診可能です。
  5. 5.
    3密を回避できる。
  6. 6.
    web問診を併用することで症状や余っている薬などを医師に伝えやすい。
  7. 7.
    クリニックに来院時に最小限の待ち時間で会計をし、処方箋がもらえる。
  8. 8.
    遠方の方はお近くの薬局まで処方箋の郵送もできます(事務手数料として再診料、処方箋料と別途で自費で1000円かかります)
  9. 9.
    お支払いは次回来院時で結構です。
  10. 10.
    当院に来院歴のある昨年来の花粉症の初診の方も内服歴が分かれば1ヶ月処方が可能です。

Features.11 患者様待ち時間の軽減目的にWEB問診を開始しました

クリニック受診前にWEB問診を入力することで、受付がスムーズになりますのでご協力お願いします。

WEB問診:事前入力のメリット

以下のようなメリットがあることから、WEB問診をご活用いただけますと幸いです。入力した患者様は受付でWEB問診した旨お伝えください。

  1. 1.
    自宅でゆっくり入力できる(子供を抱っこしながら問診を書かなくてすむ)
  2. 2.
    治療の希望や薬のアレルギーなど、書き忘れを無くし医師に症状を伝えやすい
  3. 3.
    受付で自分の症状を伝えなくてよい(プライバシーの確保、待ち時間の軽減)
  4. 4.
    順番待ちシステムと併用することで院内での待ち時間を最小限にできる(待ち時間の軽減)
  5. 5.
    WEB問診を入力後、電話での再診(電話での症状確認)することで、状態が安定している患者様は来院時にすぐに処方箋がもらえる(待ち時間の軽減)
  6. 6.
    初診、再診の方、問わず利用できる
  7. 7.
    院内にとどまる時間を軽減させることで3密を避け、院内感染の予防になる。

WEB問診